ようこそ禅-Zen-の世界へ

つながる あたたまる ひとりで立つ

禅の悟りは、ものごとをありのままに見てあたたかく受けとめること。
決して神秘的なものではありません。
自我を解放して広く自由な世界へ。
「無心」こそ、自分らしくリアルな生きる条件です。
そこでこそ、人々とつながる、過去と未来とつながることができます。
これを【般若心経】では「色即是空」といいます。
そこで足りない自分、不完全な状況ごと、裁かず受けとめあたたまったら、
もう一度人は個に還り、
唯一無二の自分を深め大切にして生き始めることができます。
これを「空即是色」といいます。
この過程が禅の示す人間の成熟です。
この時、真の独立がなされ、人生の喜びも悲しみも
余すことなく生ききる覚悟が生まれ、
自分を形成する宿命を受容し、生きる勇気が湧いてきます。
ひとりで立てる心は素晴らしい人生の眺めをもたらします。
そして、だからこそ、他と伴うことができるのです。

禅-Zen-とは

仏教の膨大な教えは、坐禅による三昧の状態に顕れるもの、決して理論ではなく、心の状態を指します。
湖の湖面が静まるように呼吸によって念慮を鎮めると、自ずと心が実感を持って感じられるようになり、
なんとも言えない安心を感じることができます。

その時、湖面は月をありのままに映し出します。これを「無心」と言います。

それは根本的な主体性の姿でもあります。禅とは、このような心を養うことで、生きがいのある人生をもたらしてくれるのです。

講演

企業・新聞社・ロータリー・ライオンズ・大学・小学校・幼稚園・保育園など様々な団体からご依頼を頂いております。

詳しく見る

講座

仏教講座・やすらぎのお話といす座禅・座禅体験など、様々な講座を行っております。10年以上通ってくださっている方もいらっしゃいます。

詳しく見る

企業研修

イメージ

ストレスを抱えた人に対するケアとして、また、幹部研修などさらに上を目指すための学びとしての、禅の話と呼吸法をお伝えしています。

詳しく見る

禅書道

「筆をもったらサムライ」を合言葉に座禅の呼吸を書くことに応用していく独特の書道。

集中力をつけるにはこれ以上のものはない。

書くことを手段にして、思いがけない自己を引き出すことができる。

 詳しく見る